風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

【速報】発売前の「PENTAX 645D」、小国風景写真“塾”で触れます!

c0142549_19201636.jpg
今日から4月ですね。
桜の便りも聞こえ始め、うずうずしている方も多いのではないでしょうか。

先月、横浜で開催されたCP+2010で来場者の一番の注目の的だった「PENTAX 645D」。有効画素数4,000万画素、大型CCDセンサーを搭載した緻密な描写を得意とする中判デジタル一眼レフカメラが、いよいよ5月中旬に発売されます。

その645Dですが……なんと、4月23日(金)から開催される小国風景写真“塾”にお目見えすることになりました!
今回は、HOYA株式会社 PENTAXイメージング・システム事業部様のご協力により、発売前の645Dを「見て、触って、撮影する」貴重な体験ができます。期間中に開催されるセミナーでは645Dの機能や特徴などを解説するほか、皆さまが実際に触って操作する“体験コーナー”も設ける予定です。さらに、希望者は645Dでお一人様あたり数十分程度の撮影ができます。
(撮影した画像はセミナー会場内で確認することはできますが、メディアなどに記録して持ち帰ることはできません)

645Dの購入を検討中の方やCP+のペンタックスブースで触れなかった方、東京・名古屋・大阪で開催される「PENTAX 645D 体感&トークライブ」に参加できない方には、まさにうってつけの企画。“新世代スーパーフィールドカメラ”ともいえる645Dは、春の小国の風景をどのように描くのでしょうか。

2泊3日で開催される小国風景写真“塾”では人気写真家・鈴木一雄さんが講師を務め、山里に咲く桜のほか、イワウチワやカタクリなど春の花々をメインに、芽吹き始めたばかりのブナ林や朝焼けに染まる残雪の飯豊連峰などを撮影する予定です。
現在も参加者を募集しています。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

お申し込み、お問い合せは
【(株)風景写真出版・撮影会係/TEL:03-3815-3605】
までお願いいたします。
[PR]
by fukeinews | 2010-04-01 19:23 | 弊社主催イベント