風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

【写真家たちの新しい物語】 松本紀生写真展「アラスカ原野行」

「一番きれいな写真を撮りたかった」
松本紀生氏は一年のうち約半分をアラスカに滞在し、一人でキャンプをしながら自然写真の撮影を続けております。その作品はクジラや熊などの生き物から植生、そして空に輝くオーロラまで、全身全霊をこめてアラスカを感じ取っているものです。
この写真展は松本氏が20年に渡って撮り続けた「アラスカ」をご覧いただく展覧会です。彼が見て、感じたアラスカをご来場の皆様も感じ取れる作品展です。
(富士フイルムスクエアHPより)


期間:2014年12月12日(金)〜12月18日(木)
   10時00分~19時00分(入場は閉館の10分前まで、最終日16時まで)
会場:富士フイルムフォトサロン
   TEL 03-6271-3350 (東京都港区赤坂9-7-3)


会期中12月13日(土)に松本紀生氏のトークショーを開催。
“アラスカ・フォトライブ”/スライド&トークショー
無料
定員 150人 (事前申込制)
申込方法 フジフイルム スクエア受付、または電話で事前申込。
TEL 03-6271-3350 (受付時間 10:00-18:00)

c0142549_14291342.jpg

[PR]
by fukeinews | 2014-12-11 14:41 | 外部イベント情報