風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

斎藤友覧スクール・身延山撮影会レッスン&鳥海山撮影会参加者募集!

【身延山撮影会レッスン】
今日は、斎藤友覧さんに講師をお願いした「桜を撮る」の後日レッスンが編集部にて行われました。撮影会当日の話しに盛り上がりながら、それぞれの方が斎藤さんに作品を見ていただきました。話しは、作品のことにとどまらず、自分の持っているカメラについてや日頃から疑問に思っている撮影技法についてなどさまざまです。丁寧でわかりやすく、具体的なアドバイスに皆さん熱心に聞き入っていました。

c0142549_17233185.jpg


【斎藤友覧スクール・鳥海山麓のブナと滝を撮る】
2009年5月28日(木)ー31日(日)[28日夜発+現地2泊]

次回のスクール「鳥海山麓のブナと滝を撮る」は、残り数名のお申し込みを受け付けています。風景写真の撮影地として、鳥海山はいつかは訪ねてみたいと思っている人も多い場所だと思います。
鳥海山の朝景、ミズバショウ、ブナ林に囲まれた沼、レンゲツツジ、日本海の夕景、奇形ブナ……。被写体を上げれば切りがありません。
日本全国の撮影地を知り尽くした斎藤友覧さんが、今年の鳥海山麓のベストポイントにお連れします。

場所:秋田県にかほ市、由利本荘市周辺
集合・解散:新宿駅西口
費用:65,000円(2泊5食付き)
宿泊:蕉風荘(秋田県にかほ市象潟町字中橋町50)
定員:23名


「楽しみながら風景写真がうまくなる」
『風景写真』撮影会・斎藤友覧スクールとは……?

斎藤さんを講師に迎え、開催している撮影会は、皆さんの疑問質問を解消します!
◆撮影現場で迷いや疑問が解消されます
撮影会では現場で感じた疑問をすぐに質問。どこを撮影すればいいのかと迷うような場面では、斎藤さんから撮影のヒントがもらえます!
◆レッスンでの的確なアドバイス
後日レッスンでは、撮影会での作品についてアドバイス。どうすればよくなるか、具体的でわかりやすい斎藤さんのコメントは、今日行ったレッスンでも大変好評でした!別途レッスン料がかかりますが、充実した内容はオススメです!

皆さまからの参加お申し込みをお待ちしています。

[お申込み・お問合せ]
風景写真出版・撮影ツアー係(TEL:03-3815-3605)
[PR]
by fukeinews | 2009-05-10 17:30 | 弊社主催イベント

春の撮影会、参加者を募集中です!

「風景写真」の誌面でもすでにお知らせしていますが、5月から6月にかけて行われる下記の撮影会で参加者を募集しています。

■鈴木一雄×風景写真塾 in小国町[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_2058566.jpg
小国町はどこにあるの?
——山形県の南西部、新潟県との県境に位置します。
どんなところ?
——北に朝日連峰、南に飯豊連峰が連なる小国町はブナの宝庫です。
撮影会はいつ開催されますか?
——5月15日(木)から17日(日)にかけて2泊3日で開催します。現地集合、現地解散となります。
撮影会ではどんなものが撮れるの?
——ブナの新緑、残雪の飯豊連峰の大パノラマ、清流が流れる美しい渓谷などです。
セミナーはありますか?
——現地で講師の鈴木さんが、スポット測光を中心としたセミナーを実施します。参加者の方の作品の添削指導もします。



■斎藤友覧スクール 鳥海山麓のブナと滝を撮る[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_20583092.jpg
鳥海山はどこにある山?
——秋田県と山形県の県境にそびえる、標高2,236メートルの山です。
どんなところ?
——山麓は奇形ブナの宝庫。清冽な湧水もいたるところで見ることができます。
撮影会はいつ開催されますか?
——5月28日(木)から31日(日)にかけて「28日夜発+2泊3日」の行程で開催します。新宿発着の貸切バスを利用して、現地をまわります。
撮影会ではどんなものが撮れるの?
——「あがりこ」と呼ばれる奇形ブナの新緑、伏流水となって地表に湧出した滝、夕日に染まる日本海などを、朝から夕方まで撮影します。
作品の添削指導はありますか?
——撮影会後、講師の斎藤さんに直接教えてもらえるプライベートレッスン(オプション)を行います。



■山口高志×風景写真塾 in上高地[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_20584280.jpg
上高地はどこにあるの?
——長野県西部、岐阜県境にほど近い山懐にあります。
どんなところ?
——清流・梓川が流れ、北アルプスの山々の眺めが非常に美しい場所です。
撮影会はいつ開催されますか?
——6月11日(木)から13日(土)にかけて2泊3日で開催します。現地集合、現地解散となりま す。
撮影会の時期はどんなものが撮れるの?
——残雪の穂高連峰と清流・梓川、芽吹いたばかりのケショウヤナギの新緑などです。タイミングが合えばイチリンソウやレンゲツツジなども撮れます。
セミナーはありますか?
——現地で講師の山口さんによるセミナーを実施します。参加者の方の作品の添削指導も行います。


お申込み・お問合せは、風景写真出版・撮影ツアー係(TEL:03-3815-3605)までどうぞ!
[PR]
by fukeinews | 2009-05-01 21:06