風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年3−4月号フォトコンテスト:応募作品を返却しました

『風景写真』フォトコンテスト2015年3−4月号にご応募いただきました作品のうち、返却希望の全作品を本日、12月25日〔木〕に返却発送いたしました。(掲載作品につきましては、今しばらくお待ちください)お送りいただきました作品の封入にあたっては、細心の注意を払って作業をいたしましたが、何かお気づきの点がありましたら、下記までご連絡ください。なお、入賞された方、掲載を予定している方の掲載予定作品を含むすべての応募作品は、3−4月号発売日より一ヶ月以内に返却します。

次回、2015年7-8月号フォトコンテストの応募締切は、1月30日(金)必着です。
※2015年分からフォトコンテスト応募先が変更になっております。お間違えのないよう、本誌186頁、187頁の応募規定をご確認ください。

ご応募を心よりお待ちしております。


隔月刊 風景写真編集部
TEL:03-3815-3605(受付時間10:00〜17:00、土日、祝日はお休みです)
メール:dokusha@fukei-shashin.co.jp
[PR]
by fukeinews | 2014-12-25 19:34 | 隔月刊「風景写真」

三木ゆきよ写真展「北限に生きる〜下北半島〜」

三木ゆきよ写真展「北限に生きる〜下北半島〜」

「北限のサル」。それは青森県下北半島に生息しています。
厳冬、初冬、そして春。様々な季節に足を運び、サルの生活を撮影し続けた三木ゆきよ氏による写真展
です。
懸命に生きる姿に心が奪われ、愛らしい表情に心が和む作品の数々。
どの写真に写るサルも、その瞳にはエネルギーが満ちているよう。
下北半島のサルは、世界最北限に生きるサルとして天然記念物にも指定されています。
どうぞお楽しみください。
(石の湯ロッジ)


期間:2014年12月5日〜2015年1月31日
会場:石の湯ロッジギャラリー(石の湯ロッジ地下1階)
c0142549_1526332.jpg

[PR]
by fukeinews | 2014-12-24 15:28 | 外部イベント情報

1-2月号 訂正のお知らせ

●NextEYES(55ページ)の撮影データが間違っておりました。
正しいデータは下記のものになります。

誤) Canon EOS 5D Mark Ⅲ/EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM/f16AE(1/640秒・−1EV)ISO400/WB:日陰/カラーモード:風景/手持ち/'12年5月19日18時

正) Canon EOS 5D Mark Ⅲ/EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM/f16AE(1/640秒・−0.3EV)ISO400/WB:日陰/カラーモード:風景/手持ち/'13年9月9日19時


●フォトコンテスト組写真部門、柿沼一明様のお名前等に誤りがありました。
正しくは下記の通りです。

114ページ・写真クラブ名
誤)写倶楽部
正)写真倶楽部

184ページ・最優秀賞受賞者紹介
誤)柿沼一さん
正)柿沼一明さん


●特別付録「美しい風景写真100人展」作品集 59ページ
磯野浩孝様の居住都道府県に誤りがありました。正しくは以下の通りです。

誤)奈良
正)京都府

以上、お詫びしてここに掲載させていただきます。
秦様、柿沼様、磯野様には大変ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。






c0142549_13453463.png

[PR]
by fukeinews | 2014-12-21 11:00 | 隔月刊「風景写真」

「第10回 美しい風景写真100人展」名古屋展 <小松ひとみさん セミナートーク参加者募集中!>

主催:富士フイルム株式会社・隔月刊『風景写真』
「第10回 美しい風景写真100人展」名古屋展

東京に続き「第10回 美しい風景写真100人展」は、富士フイルムフォトサロン 名古屋で開催されます!会場には、四季折々、日本各地をフィルムカメラで捉えられた作品が展示されます。
ご好評をいただいております[セミナー&トーク]もあわせて開催いたします。
二部構成の第一部は『風景写真』編集長・石川 薫による100人展の作品解説、第二部は本誌でもおなじみの風景写真家・小松ひとみさんによるスライドトークとなります。

【期間】2015年1月9日(金)〜1月15日(木)
    10時〜18時(最終日は14:00まで)
【会場】富士フイルムフォトサロン 名古屋 
    TEL:052-204-0830


関連イベント[セミナー&トーク]
c0142549_01530972.jpg
*下記イベントは定員に達しました。キャンセル待ち申込の方はお電話にて受付いたします。
第一部:『風景写真』編集長・石川 薫による100人展の作品解説
第二部:風景写真家・小松ひとみさんによるスライドトーク
日時:1月10日(土)14時〜16時
場所:名古屋・富士フイルムビル内特設会場
定員:50人(事前申込制・先着順)
参加費:1000円(税込)
申込方法:お電話またはオンラインショップにてお申し込みください。
申込先:TEL 03-3815-3605(平日10時〜17時)







第10回美しい風景写真100人展作品集c0142549_12573305.jpg
価格:1,030円(税込)


100点の作品が収録された作品集を会場で販売します!
会場でしか手に入らない限定バージョンの表紙。
各作品の詳細な解説、56ヶ所の撮影地ガイドが付いています。
※内容は『風景写真』付録の作品集と同一です。


















c0142549_12580328.jpg第10回美しい風景写真100人展
オリジナルポストカード

価格:1枚150円(税込)

展示100作品のポストカードをご用意しました。
作品展の記念に、おみやげに。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0142549_1791214.jpg
「風景写真」2015年1-2月号

 12月19日(金)発売
 特別定価:2,200円(税込)
 発行:風景写真出版(TEL:03-3815-3605)
 (発売元:ブティック社)

【立ち読みOK! カード決済OK!】
→ご予約はこちら

【購読料割引! オリジナルグッズ進呈!】
→便利でお得な定期購読のお申込はこちら

[PR]
by fukeinews | 2014-12-18 10:00 | 弊社主催イベント

「風景写真」2015年1-2月号は12月19日(金)発売です!

c0142549_1791214.jpg
「風景写真」2015年1-2号

12月19日(金)発売
定価: 2,200 円(税込)
発行:風景写真出版(TEL:03-3815-3605)
(発売元:ブティック社)

【立ち読みOK! カード決済OK!】
ご購入はこちら

【購読料割引! オリジナルグッズ進呈!】
便利でお得な定期購読のお申し込みはこちら





冬、光が魅せる多彩な風景。
1-2月号の巻頭特集は、白い雪の季節に写真家が見る「色」をテーマにした「冬はなないろ」です。吉村和敏さん、前田 晃さん、菊池哲男さん、安念余志子さんら4人の写真家が魅せる色の世界をお楽しみください。技法特集は中西敏貴さん、萩原俊哉さん、小林義明さんらが冬限定の被写体を紹介、解説する「冬景色コレクション」。ギャラリーには秦 達夫さん、吉野 信さん、山口高志さん、曽我定昭さんなど。辰野 清さんの新連載「出合の印象」や、星野佑佳さんを講師に迎えたニコンD810体験撮影会レポートも掲載!

ご購入は風景写真オンラインショップをご利用ください! ただいま、ご予約受付中です!




[1-2 月号の主な内容]
◆特別付録
第10回 美しい風景写真100人展作品集


◆巻頭特集
「光が創る多彩な風景 冬はなないろ」

吉村和敏「SILENT NIGHT」
前田 晃「冬の丘の光彩」
菊池哲男「雪山 一夜物語」
安念余志子「ブルーコンチェルト」


◆技法特集

樹氷、氷瀑、ダイヤモンドダスト……
見たい! 撮りたい!
「冬景色コレクション」

中西敏貴
萩原俊哉
小林義明


◆ギャラリー&インタビュー「風景写真 Next EYES」

秦 達夫「天壌無窮の美」


◆ギャラリー

吉野 信「ネイチャー・ワールド」
山口高志「十二季の表情」
曽我定昭「幽彩天城の森」
前田真三「8×10の視点=四季断層」


◆特別企画
ニコン × 隔月刊『風景写真』 特別企画
『Nikon D810 で撮る秋の志賀高原 講師・星野佑佳』撮影会レポート


◆特別企画
FUJIFILM X-T1 特別ギャラリー
萩原史郎「色彩のかほり」


◆機材レポート
萩原史郎
・Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
・富士フイルム XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
・OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


◆連載

「美瑛・丘旅案内」中西敏貴

「風景写真フレーミングアナトミア(解体新書)」萩原史郎

「出合の印象」辰野 清


◆傑作風景の撮影地15ガイド

ほか、写真展情報、誌上フォトコンテストなど
[PR]
by fukeinews | 2014-12-16 17:51 | 隔月刊「風景写真」

【写真家たちの新しい物語】 松本紀生写真展「アラスカ原野行」

「一番きれいな写真を撮りたかった」
松本紀生氏は一年のうち約半分をアラスカに滞在し、一人でキャンプをしながら自然写真の撮影を続けております。その作品はクジラや熊などの生き物から植生、そして空に輝くオーロラまで、全身全霊をこめてアラスカを感じ取っているものです。
この写真展は松本氏が20年に渡って撮り続けた「アラスカ」をご覧いただく展覧会です。彼が見て、感じたアラスカをご来場の皆様も感じ取れる作品展です。
(富士フイルムスクエアHPより)


期間:2014年12月12日(金)〜12月18日(木)
   10時00分~19時00分(入場は閉館の10分前まで、最終日16時まで)
会場:富士フイルムフォトサロン
   TEL 03-6271-3350 (東京都港区赤坂9-7-3)


会期中12月13日(土)に松本紀生氏のトークショーを開催。
“アラスカ・フォトライブ”/スライド&トークショー
無料
定員 150人 (事前申込制)
申込方法 フジフイルム スクエア受付、または電話で事前申込。
TEL 03-6271-3350 (受付時間 10:00-18:00)

c0142549_14291342.jpg

[PR]
by fukeinews | 2014-12-11 14:41 | 外部イベント情報

第2回 風景写真カレンダーフォトコンテスト作品募集中!

風景写真 特別企画 
第2回 風景写真カレンダーフォトコンテスト
一年を彩る写真をお待ちしています!

隔月刊『風景写真』が主催する「風景写真カレンダーフォトコンテスト」では、四季にわたって、あなたが写し止めた彩りあふれる風景写真を募集します。第2回から、6枚(2ヶ月1枚)で応募できる部門が登場。最優秀賞(各部門1作品)に選ばれた作品は、『風景写真』誌上で発表、

掲載するほか、風景写真マイ・カレンダーを制作し、進呈します(写真は12枚使用)


[賞]

◆12枚部門:最優秀賞1点(賞金3万円)

◆6枚部門:最優秀賞1点(賞金2万円)

*入賞作品は、2015年7-8月号(2015年6月20日発売)で発表、掲載する他、入賞者には応募作で風景写真マイ・カレンダー(一年12ヵ月)を一部制作し、進呈します。


[審査員]前田 晃

1954年前田真三の長男として東京都世田谷区に生まれる。中学生の頃から父の撮影に同行。早稲田大学卒業後、(株)丹溪に入社し、撮影の助手を務める。´93年頃から独自の撮影活動を開始。写真集、写真展だけでなく、毎年、丹溪のカレンダーを手がけており、ディレクションには定評がある。


[締切]

2015年2月末日(消印有効)

[応募・問合先]
〒113ー0033 東京都文京区本郷5-28-1 サトービル3階 株式会社風景写真出版
風景写真カレンダーフォトコンテスト係
TEL:03-3815-3605(平日10時〜17時)/ FAX:03-5689-8187



*詳しい応募規定については、下記をチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第2回風景写真カレンダーフォトコンテスト募集要項


c0142549_12024794.jpg





[PR]
by fukeinews | 2014-12-11 12:41 | 弊社主催イベント