風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

富士フイルムフォトサロン 仙台 企画展 萩原史郎写真展「色 X 情 ふれもせず」

c0142549_18251894.png
c0142549_18571136.jpg


自然の色彩は写し手の心を艶めかせ、

カメラはその思いに感応し、

情を色として作品に写し出す。

デジタルカメラによる風景写真の

先駆け的写真家の一人として知られる、

写真家・萩原史郎のセンシティブな感性と

高画質の銀塩プリントが紡ぎ出す、

記憶の中の色と情。



会期:2016331日[木]─ 412日[火]10001730 入場無料(会期中無休)

会場:富士フイルムフォトサロン 仙台 983-0869 仙台市宮城野区鉄砲町西1-14

   TEL 022-292-0577

企画:風景写真出版



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土日限定! 会場で『風景写真』をお求めいただけます!

c0142549_18371824.jpg

最新号! まだ購入していない人はぜひ会場で!

2016年3-4月号:2,050円

◆シーズン特集【春景・桜】

「たかが桜・されど桜」野呂希一/ 「奈良・桜旬巡」石川真哉

◆クローズアップ【花ひらく時 風景写真家 佐藤 尚の転機】


c0142549_18394823.jpg

萩原史郎さんの口絵を掲載! 今回展示されていない作品も掲載しています!

2015年5-6月号:2,050円

◆巻頭特集・潤いの国を旅する

ギャラリー/北島清隆、高橋宣之、米 美知子、後藤昌美

◇技法特集「感じて写す水の表情」


c0142549_18381384.jpg

まもなく撮影の季節です! めいいっぱい桜を特集しています!

◆特別付録・星野佑佳のさくら旅手帳2014

◆巻頭特集・桜の魔力

小松ひとみ、森 光伸、野呂希一、前川彰一







[PR]
by fukeinews | 2016-03-30 19:28 | 弊社関連イベント

企画写真展「ライフスケープ:写真が語る自然『森と海—すぐそこの小宇宙』」(今森光彦/中村征夫)3月25日より大阪会場開催!

企画写真展
「ライフスケープ:写真が語る自然『森と海—すぐそこの小宇宙』」
(今森光彦/中村征夫)3月25日より大阪会場開催!



ようこそ、
自然のワンダーランドへ!
琵琶湖水系と東京湾、
小さな生命が紡ぐ
つながりの物語。


琵琶湖に注ぐ500本を超える川によって形作られる「里山」の姿を撮り続ける今森光彦。
70年代より死の海と考えられていた東京湾に潜り、ヘドロの海に逞しく生きる生きものの姿を捉えてきた中村征夫。
自然写真界をリードするこの二人の写真家がそれぞれのライフワークをテーマにタッグを組み、人の生活のすぐそばに広がる自然の奥深さと、そこに暮らす生きものの愛らしい姿を捉えた写真展です。


会場:富士フイルムフォトサロン 大阪
会期:2016年3月25日(金)〜 4月6日(水)
時間:10:00〜19:00(入館は18:50まで)
入場無料


c0142549_14574190.jpg



【展示予定作品】
c0142549_15221382.jpg
伊香立の棚田。雑木林と溜池、棚田が里山の三要素。鳥瞰すると、それぞれ役割を持ちつながっているのがわかる。この先は琵琶湖だ。大津市 2006


c0142549_15224322.jpg
クロイトトンボ。ため池には、数多くのトンボがやってくる。イトトンボは、とくに里山の湿地が大好きで、ため池から離れようとしない。大津市 2010


c0142549_15230864.jpg
孤独のアナゴ漁師。誰も近づかない危険な海域で、一人小舟を操りアナゴのかごを引き上げる森田勇司。漁協にも属さない、荒れた海の孤狼だ。富津岬沖、千葉 1985


c0142549_15232902.jpg

チチュウカイミドリガニのカップル。主に地中海を中心に生息するが、汚染にも強く、北米大陸そして東京湾でも発見され、幅を利かせている。市原市姉ケ崎、千葉1997




—————————————————————————————

c0142549_16454668.jpg
会場にて予約受付中!


展示される全123点と
作家2人による書き下ろしエッセイを完全収録。

定価:2,000円(税込)
B5サイズ、ソフトカバー、96ページ

風景写真出版のページで購入する











[PR]
by fukeinews | 2016-03-24 15:30 | 弊社主催イベント

[Award名古屋展]6/11(土)開催記念イベント!辰野 清の「フォトコンテスト模擬審査会」作品募集中!

上達のチャンス!

辰野清のフォトコンテスト模擬審査会・作品募集中! c0142549_12411326.png


c0142549_12475863.jpg

「風景写真Award」展にあわせて開催し、大好評のフォトコンテスト模擬審査会を風景写真Award展・名古屋展でも開催します!
模擬審査会で審査を受ける作品を募集中いたします!
皆さまからのご応募をお待ちしております!
東京展と福岡展で模擬審査を受けた皆さんは、自分の作品が辰野さんにどんな風に審査され、
どのような指導を受けられるのかドキドキの表情でしたが、今後のコンテスト応募におけるヒントを得ていたようです!
めったにない上達のチャンス! ぜひ、あなたもチャレンジしてください!

フォトコンテスト模擬審査会開催日時 
2016年6月11日(土)13時〜16時 → 模擬審査会の詳細はこちらをご覧ください。

応募形式 単写真部門を仮定してお申し込みください。

応募人数 限定5名(申込多数の場合は抽選となります)

応募点数 4〜20点まで

作品形態・サイズ A4または四ツ切プリントのみ

応募先 東京都文京区本郷5-28-1 サトービル3F
    株式会社風景写真出版「フォトコンテスト模擬審査会」係宛

締切日 2016年5月16日(月)必着

[注意事項]
氏名、住所、電話番号(携帯電話など、日中に連絡の取れるもの)を必ずご記入の上、お申し込みください。
*風景写真フォトコンテスト応募時に使用する「プリント貼付データシート」に必要事項をご記入の上、プリント裏面に貼ってご応募ください。
*その他、詳しい応募方法、作品送付方法は、風景写真フォトコンテスト応募規定に準じます。
*本イベントで講評された作品は風景写真出版が主宰するフォトコンテストへ応募できます(他のコンテストはそれぞれにご確認ください)
*作品返却希望の場合は、返信用封筒(応募時の郵送料と同額の切手を貼り、返送先の住所、氏名を記入)を同封してください。
*模擬審査会の審査作品に選ばれた方には2016年5月23日(月)までに、編集部よりお電話でご連絡いたします。
*ご連絡が期日までにない場合は、参加希望に添えなかった旨、ご了承ください。


[PR]
by fukeinews | 2016-03-23 18:00 | 弊社主催イベント

Award展・名古屋で開催! 6/11(土)には「辰野清が語るフォトコンテスト必勝法」開催!

風景写真Award2015展・名古屋展

2015年度フォトコンテスト最優秀作品賞および第19回前田真三賞クオリファイ上位三作品

期日:2016610日(水)~16日(木)

会場:富士フイルムフォトサロン 名古屋 10時~18(最終日14時までTEL052-204-0830

風景写真Award2015展を名古屋でも開催します!

2015年度誌上フォトコンテストで、最優秀賞を受賞した作品の数々、第19回前田真三賞クオリファイを通過した上位三作品を展示いたします。
会期を二期に分けて展示いたします。
また、東京展で大好評だったイベント「辰野清が語る フォトコンテスト必勝法」を名古屋でも開催します!

イベントの観覧ご希望の方、また模擬審査会に作品を応募してみたいという方、いずれもふるってご応募ください。


※模擬審査会作品申込の詳細はこちらをごらんください。



観覧者募集!
[風景写真Award展・関連イベント]
辰野 清が語るフォトコンテスト必勝法

c0142549_12234852.jpg第1部
「フォトコンテスト模擬審査会」
通常、絶対に見ることのできない誌上フォトコンテストの審査を「模擬審査会」として公開します。

第2部
「フォトコンテスト対談:
 辰野 清 + 石川 薫(『風景写真』編集長)」
数多くのフォトコンテストで審査員を務める辰野さんと、長年『風景写真』フォトコンテストを見続けてきた編集長・石川 薫が"フォトコンテスト"を語るトークイベントです。




■日時 :2016年6月11日(土)13時─16時

 ■会場 :富士フイルムフォトサロン 名古屋・特設会場

 ■定員 :
60名(事前申込制、先着順)

 
■参加費:2,500円(税込)

 ■問合先:風景写真出版(TEL 03-3815-3605)

観覧ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓


[PR]
by fukeinews | 2016-03-23 18:00 | 弊社主催イベント

「風景写真Award2015展 福岡展」3月11日(金)よりスタート!

隔月刊『風景写真』主催
風景写真 Award 2015展 福岡展

c0142549_17522031.png

前期[2015年度フォトコンテスト最優秀作品賞 ]
  2016年3月11日(金)〜16日(水)

後期[第19回前田真三賞クオリファイ上位三作品]
  2016年3月18日(金)〜23日(水)
会場:富士フイルムフォトサロン 福岡 10時〜18時30分
   (3月17日(木)休館)
   TEL 092-510-4803


風景写真Award展は、隔月刊『風景写真』が主催する2つのフォトコンテスト(『風景写真』誌上フォトコンテスト・前田真三賞)の受賞作品展です。昨年11月に東京で開催し、今回福岡に巡回します。
前期では2015年度『風景写真』誌上フォトコンテストにおいて、毎号誌面を飾った最優秀作品賞24作品を展示。後期には、多くのプロ風景写真家を輩出している「前田真三賞」第19回の予選を通過した53名の中から、上位3名の作品(1作品10点、合計30点)を展示。予選通過した53名は、今年行われる本選に進みます。

[出展者一覧](五十音順、敬称略)
●『風景写真』誌上フォトコンテスト 2015年度 最優秀作品賞受賞者
阿久津 靖、乾 敏男、井上賢一、上原逸朗、大塚さよ子、緒方桂子、勝山正人、金沢靖広、木村 隆、小島さとし、鷹野志郎、玉手恒弘、戸ヶ崎年雄、中井憲吾、永島俊介、野口敬治、橋爪幸夫、樋口一男、渡部 浩
●第19回前田真三賞クオリファイ(予選) 上位3名
中神由美子、武藤 弘、吉 元偉


[PR]
by fukeinews | 2016-03-10 18:03 | 弊社主催イベント