風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

春の撮影会、参加者を募集中です!

「風景写真」の誌面でもすでにお知らせしていますが、5月から6月にかけて行われる下記の撮影会で参加者を募集しています。

■鈴木一雄×風景写真塾 in小国町[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_2058566.jpg
小国町はどこにあるの?
——山形県の南西部、新潟県との県境に位置します。
どんなところ?
——北に朝日連峰、南に飯豊連峰が連なる小国町はブナの宝庫です。
撮影会はいつ開催されますか?
——5月15日(木)から17日(日)にかけて2泊3日で開催します。現地集合、現地解散となります。
撮影会ではどんなものが撮れるの?
——ブナの新緑、残雪の飯豊連峰の大パノラマ、清流が流れる美しい渓谷などです。
セミナーはありますか?
——現地で講師の鈴木さんが、スポット測光を中心としたセミナーを実施します。参加者の方の作品の添削指導もします。



■斎藤友覧スクール 鳥海山麓のブナと滝を撮る[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_20583092.jpg
鳥海山はどこにある山?
——秋田県と山形県の県境にそびえる、標高2,236メートルの山です。
どんなところ?
——山麓は奇形ブナの宝庫。清冽な湧水もいたるところで見ることができます。
撮影会はいつ開催されますか?
——5月28日(木)から31日(日)にかけて「28日夜発+2泊3日」の行程で開催します。新宿発着の貸切バスを利用して、現地をまわります。
撮影会ではどんなものが撮れるの?
——「あがりこ」と呼ばれる奇形ブナの新緑、伏流水となって地表に湧出した滝、夕日に染まる日本海などを、朝から夕方まで撮影します。
作品の添削指導はありますか?
——撮影会後、講師の斎藤さんに直接教えてもらえるプライベートレッスン(オプション)を行います。



■山口高志×風景写真塾 in上高地[←詳しくはコチラをクリック]
c0142549_20584280.jpg
上高地はどこにあるの?
——長野県西部、岐阜県境にほど近い山懐にあります。
どんなところ?
——清流・梓川が流れ、北アルプスの山々の眺めが非常に美しい場所です。
撮影会はいつ開催されますか?
——6月11日(木)から13日(土)にかけて2泊3日で開催します。現地集合、現地解散となりま す。
撮影会の時期はどんなものが撮れるの?
——残雪の穂高連峰と清流・梓川、芽吹いたばかりのケショウヤナギの新緑などです。タイミングが合えばイチリンソウやレンゲツツジなども撮れます。
セミナーはありますか?
——現地で講師の山口さんによるセミナーを実施します。参加者の方の作品の添削指導も行います。


お申込み・お問合せは、風景写真出版・撮影ツアー係(TEL:03-3815-3605)までどうぞ!
[PR]
# by fukeinews | 2009-05-01 21:06

和佐野喜代隆さんのブログ

少し前の話になりますが、雑誌「風景写真」2008年7-8月号に、和佐野喜代隆さんの「霊峰 英彦山」という口絵を掲載しました。
和佐野さんは、本誌主催のフォトコンテストでも入賞を重ねるなど、確かな実力を持ったアマチュア写真家として読者の間でもファンを増やしていましたが、2007年に46歳の若さで逝去。その後、和佐野さんのご家族、また写真を通じて親交の深かった天野亮一氏の尽力により、和佐野さんが取り組んできた英彦山の自然風景を編んだ写真集「英彦山の四季」が上梓されました。
その一部が、2008年に本誌でご紹介させていただいた口絵です。

天野さんは、写真集出版に携わられただけでなく、この4月より和佐野さんの写真を発表し続けるべく、「Wの視点」というブログを開設されました。
亡くなられてなお、新しい作品を継続して目にできるというのはきわめて希なことで、ファンである私たちにとって大変うれしいことです。
和佐野さんの思い、そして天野さんの思いを、ブログ「Wの視点」を通じて皆さんにもぜひ知っていただければと思います。

和佐野喜代隆さんの写真ブログ「Wの視点」 http://kiyotaka12.exblog.jp/
運営者である天野亮一さんのブログ「バンジーノのフォトDE日記」 http://vangino.exblog.jp/

c0142549_1137416.jpg■写真集「英彦山の四季 いのちかがやいて」
 ・縦250×横245ミリ、上製本、120ページ
 ・価格:2940円
 ・発行:海鳥社(TEL092-771-0132)
[PR]
# by fukeinews | 2009-04-27 11:29 | その他

「風景写真」5-6月号は4月20日(月)発売です!

東京はすっかり葉桜となり、初夏の気配すら感じられるようになりました。
そんな中、「風景写真」5-6月号がようやく完成しました!

今号の特集は、「花の香りに誘われて」。口絵では、辰野清、斎藤友覧、水野克比古、前川彰一、小松ひとみ、星野佑佳、6名の写真家が、それぞれの“花の景”を描きます。
また、花撮影に役立つ“プロの撮影レシピ”紹介、全国の花の名所ガイドなど、花撮影のためのヒントがいっぱい!!!
そして、八木祥光さんが若き頃に描いたモノクロームの風景、前田真三氏のまぼろしの作品集「絵模様」からの作品、フォトコンテストで活躍する深水佳世子さん、飯田恒弘さんの登場など、今号も多彩な内容でお送りします。


c0142549_1052481.jpg「風景写真」5-6月号 4月20日発売
定価:1980円(税込)
発売:風景写真出版(TEL:03-3815-3605)

【ご存じですか? お得な年間予約購読】
年間予約購読をお申し込みいただければ、こんな特典があります
●特典1 発売日までにご自宅にお届けします!(※郵便事情により、発売日を過ぎてしまうこともあります)
●特典2 送料は弊社負担です!(振込手数料も無料)
●特典3 アウトドアブランド「Foxfire」とコラボしたオリジナルバンダナをもれなくプレゼント!
●特典4 リバーサル現像・プリント割引サービス券を差し上げます!
●特典5 シックに決まる、風景写真マナーステッカーをプレゼント!
●特典6 「風景写真」主催の撮影会に、優待価格でご参加いただけます!

お問い合せ、お申し込みは風景写真出版まで。
TEL:03-3815-3605
FAX:03-5689-8187
EMAIL:dokusha@fukei-shashin.co.jp
[PR]
# by fukeinews | 2009-04-15 11:07 | 隔月刊「風景写真」

撮影ツアーのページをリニューアルしました!

隔月刊『風景写真』のウェブサイト、「撮影ツアー」のページをリニューアルしました。
終了した撮影会のレポートと、参加者の皆さまの作品をご覧いただけるほか、ただいま募集中のツアーの詳細もご紹介しています!

待ちに待った春も本番。
皆さん、講師の先生・編集部スタッフと一緒に、春の歓びを見つけにでかけましょう〜♪

http://www.fukei-shashin.co.jp/
から
、「撮影ツアー」をクリックしてください。
[PR]
# by fukeinews | 2009-04-10 16:02 | 弊社主催イベント

林幸恵さんのマクロセミナー@京都

※再告知です
『風景写真』での連載が好調な写真家・林幸恵さんが講師を務める「マクロ撮影セミナー」が、京都で行われます(主催:カメラのナニワ)。
マクロレンズの貸し出しもあるそうなので、林さんの写真がどんな風に撮られているのか知りたい方、マクロ撮影を体験してみたい方、ぜひご参加になってみては?
セミナーが行われる場所は、京都を流れる鴨川のほとり。ここのところのあたたかな陽気に誘われて、花や虫たちも活動を始めていることでしょう。足元の小さな景色を、林さんと同じ目線から眺めてみませんか?

●マクロレンズ使いこなし術(4月11日開催)

※風景写真出版の主催ではありません。お申し込み・お問い合せ先は、リンク先に記載されています
[PR]
# by fukeinews | 2009-04-07 11:22 | 弊社主催イベント