風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

第12回美しい風景写真100人展[仙台展]2月23日より開催!

主催:富士フイルム株式会社 隔月刊『風景写真』

第12回美しい風景写真100人展[仙台展]

第12回美しい風景写真100人展[仙台展]が、2月23日(木)から始まります!
昨年末の東京展からスタートし、名古屋、大阪、福岡と巡回し、各地ともたくさんの皆様にご来場いただいております!
会場には、プロ・アマ総勢100名の風景写真家たちがフィルムで捉えた美しい風景が、
高品質で高画質の銀塩プリントに仕上げられ、展示されます。
例年以上の盛り上がりを見せている100人展にぜひご来場ください!
また、2月24日(金)には、写真家 福田健太郎氏と『風景写真』編集長によるトークイベントを開催します!
イベントの残席がわずかとなっていますので、参加希望の方はお早めにお申込ください!
トークイベントのお申込は下記から

c0142549_15301483.jpg
田中美知子「花の宴」
c0142549_15303928.jpg
古谷文俊「初夏の彩り」
c0142549_15305196.jpg
斉藤のりこ「夕照一瞬」
c0142549_15310275.jpg
木村俊晴「燃える氷湖」

仙台展
春夏編:2017年 2 23 日(金)〜 28 日(火)10時〜17時30分
秋冬編:2017年 3 2 日(金)〜7 日(火)10時〜17時30分
富士フイルムフォトサロン 仙台
TEL 022-292-0577 仙台市宮城野区鉄砲町西1-14
富士フイルム仙台ビル1階

《100作品を収録した作品集を会場で販売します!》
第12回美しい風景写真100人展作品集
価格:1,100円(税込)

展示100作品を収録した作品集を会場にて販売しています。100作品の解説と詳細な撮影データ。32作品については撮影地の案内も掲載しています。ぜひ、会場にてお求めください!
c0142549_11234053.jpg


第12回美しい風景写真100人展オリジナルポストカード
c0142549_11152463.jpg

展示100作品の
ポストカード。
作品展の記念に、おみやげに。















[PR]
# by fukeinews | 2017-02-20 16:42 | 弊社主催イベント

2月24日(金)開催!第12回100人展・仙台展 トークイベント参加者受付中!

*終了しました

100人展・仙台展]
c0142549_16140083.jpg
セミナー&トークイベント

日時:2月24日(金)

〈講演〉
第1部:風景写真編集長・石川薫
第2部:福田健太郎氏


2月23日(木)から始まる「第12回 100人展」仙台展の開催を記念してセミナー&トークを開催します。
第一部では『風景写真』編集長・石川薫が100人展の作品について解説。








福田健太郎氏

c0142549_16204663.jpg






















第12回100人展 
福田健太郎氏 出展作品「海鳴り」

第二部では写真家の福田健太郎さんが100人展に出展した作品をはじめ、ご自身の作品をスライドで上映し解説。ふだんなかなか聞くことができない撮影エピソードなどを聞けるまたとない機会です!
ぜひ、ご参加ください。



 ■日時 :2月24日(金)14時─16時
 ■会場 :富士フイルム仙台ビル
 ■定員 :50名(事前申込制、先着順)
 ■参加費:1,000円(税込)

    
 ■問合先:風景写真出版(TEL 03-3815-3605)

[PR]
# by fukeinews | 2017-02-20 16:33 | 弊社主催イベント

佐藤尚写真集「47 サトタビ」、3月3日発売!

カレンダーやパンフレット、広告のための「ライブラリー写真」として風景を撮り続けてきた佐藤尚さん。仕事で日本全国を旅するかたわら、個人的に心動かされる景色にもカメラを向けてきました。4年間、走行距離15万キロをかけ、すべての都道府県を巡る旅で出会った人々の温もりと、日常的な風景の中にあるしあわせの瞬間。何気なく流れる時間の豊かさを想い、きっとふるさとが恋しくなる写真集です。


c0142549_16194887.jpg

 写真集「47 サトタビ」

  著者:佐藤 尚(さとう・たかし)

  体裁:天地220mm×左右260mm

     ソフトカバー・120ページ

  定価:本体2,731円+税

  発売:2017年3月3日

  ISBNコード:978-4-903772-43-1


  →ご予約・立ち読みはこちらから


c0142549_14480675.jpg〈著者プロフィール〉

1963年福井県生まれ。東京写真専門学校卒業後、山岳写真家・風見武秀氏に師事。その後フリーとなり、日本各地の自然風景、農村風景を撮り続ける。作品を発表する傍ら、ワークショップ「里ほっと」を地元の埼玉県にある見沼田んぼで開催中。写真集に『こころの故郷─魚沼の風景を撮る』(恒文社)。日本写真家協会、日本風景写真家協会会員。埼玉県戸田市在住。

http://www.satophoto.net/


〈写真展開催〉「47 ぼくのより道」

2017年3月3日(金)〜9日(木)10時〜19時(入館は閉館10分前まで、最終日16時まで、入館無料)

富士フイルムフォトサロン 東京(港区赤坂9-7-3 TEL 03-6271-3350)


2017年8月25日(金)〜31日(木)10時〜19時(入館は閉館10分前まで、最終日16時まで、入館無料)

富士フイルムフォトサロン 大阪(大阪市中央区本町2−5−7 メットライフ本町スクエア1F TEL 06-6205-8000)


[PR]
# by fukeinews | 2017-02-15 16:26 | 風景写真BOOKS

『風景写真』2017年3-4月号は2月20日(月)発売です!

c0142549_13151731.jpg

立春をすぎ、ちらほらと咲き出した梅を見かけるようになりました。
とはいえ、今日、2月10日は全国的に10℃を下回る真冬の寒さ。
待ち遠しい春の訪れ。『風景写真』3-4月号では一足先に、皆さんに春をお届けします!
巻頭特集では、日本全国の桜から厳選した11箇所をご紹介。桜ギャラリーでは、辰野 清さん、星野佑佳さんの個性豊かな桜景色を特集。
話題の中判
ミラーレスデジタル
カメラ、FUJIFILM GFX 50Sの驚愕の描写力を誌面で実感できます。また、
アマチュア写真家として、長年『風景写真』フォトコンテストに作品を送り続けている高橋 清さんが、『風景写真』フォトコンテスト入賞100回を達成! 連載「ON&ON」で特集しています!
感満載の3-4月号は、2月20日(月)、全国の書店で発売です。(オンラインショップは2月15日より予約
受付いたします)

『風景写真』2017年3-4月号
2月20日(月)発売
定価:2,050円(税込)
発行:風景写真出版(TEL03-3815-3605)
(発売元:ブティック社)


【立ち読みOK! カード決済OK!】

【購読料割引! オリジナルグッズ進呈!】


[3-4月号の主な内容]
◆特集
[巻頭]写す人ぞ知る 桜の快楽

[ギャラリー]「桜抒情詩」金沢靖広

[桜ギャラリー]「櫻花優艶」辰野 清/「天地」星野佑佳


◆ギャラリー
「47 サトタビ」佐藤 尚

◆レポート
「FUJIFILM X-T2 ニッポンを巡る」〈北陸編〉
第12回美しい風景写真100人展レポート

◆機材
 Report「FUJIFILM GFX 50S」萩原史郎

◆連載
 「カバーストーリー」石川 薫
 「辰野の定理」辰野 清
 「星野佑佳の撮り旅」星野佑佳
 「風景写真 伝説のホントの話」萩原史郎
 「樹を想う」吉野 信
  輝けアマチュアイズム「ON & ON」第5回・高橋 清

◆短期連載
 めざせ前田真三賞②
 受賞者に聞く 川隅 功/辰野 清

◆桜・撮影地ガイド11
◆傑作風景の撮影地15ガイド

◆ほか、誌上フォトコンテスト、写真展情報など





[PR]
# by fukeinews | 2017-02-13 13:00 | 隔月刊「風景写真」

2016 堀内カラーフォトコンテスト入賞作品発表

2016堀内カラーフォトコンテストの入賞作品が発表されました。入賞作品展が2月下旬から3月下旬に東京と名古屋で開催されます。また、『風景写真』賞には、佐藤善樹さんが選ばれました。

-------------2016 堀内カラーフォトコンテスト[ホームページより]-----------------------

昨年の9月1日から3ヶ月の応募期間に、全国のアマチュア写真愛好家の皆様701名から2,936点にもおよぶ力作を出品いただき、全応募者の4割を占める常連のハイアマチュアの方々から多数の応募をいただきました。また昨年度新設しましたジュニア賞により高校生を中心とした10代の皆さんから2割を占める応募をいただき、バラエティー豊かなコンテストになりました。
審査委員を務めていただきました織作峰子先生による厳正なる審査の結果、金賞 堀内カラー賞の川須宮恒夫さん(広島)「天空の駅」ほか入賞・入選24点が選ばれました。なお、当フォトコンテスト入賞作品展を2月下旬から3月下旬に東京、名古屋で開催いたしますのでご来場のほどよろしくお願いいたします。
【応募数】
応募者数701名、応募総数2,936点(最終選考88点、入賞・入選25点)
【賞】
金賞 堀内カラー賞(賞金10万円/HCLフォトギャラリー新宿御苑・名古屋での写真展開催権利)1名
銀賞ノンジャンル・ネイチャー(賞金5万円)各1名
銅賞ノンジャンル・ネイチャー(賞金3万円)各1名
ファインアート賞ノンジャンル・ネイチャー(ファインアート・プリント半切・高級額装仕上1点)各1名
ジュニア賞(インスタントカメラ「チェキ ネオクラシック」)3名
日本カメラ賞(「日本カメラ」定期購読1年分)1名
フォトコン賞(「フォトコン」定期購読1年分)1名
風景写真賞(「風景写真」定期購読1年分)1名
入選 12名

※上記賞金・賞品のほか入賞・入選者全員に各表彰状および2016堀内カラーフォトコンテスト入賞作品集と入賞作品展示パネルを進呈。
【審査委員】
織作 峰子氏
【協賛】
(株)日本カメラ社、(株)日本写真企画、(株)風景写真出版

c0142549_11033217.jpg

金賞 堀内カラー賞「天空の駅」川須宮 恒夫(広島)

【選評】
夢のあるタイトルが素敵です。イベント用の仕掛けを単に撮影するだけではなく、シルエットになった親子からは対話が聞こえてくるようです。電車を入れ込むタイミングもよく、様々なことを想像させてくれるドラマティックな作品です。







c0142549_11043972.jpg

風景写真賞「霧漂う丘」佐藤 善樹(東京)

【選評】
美瑛の丘の美しさには私も訪れる度に感動しますが、霧が出る時間帯は、ひときは美しいですね。霧のかかり方が多すぎないことで畑の様子や遠くの山並みや太陽が見えて、加減のよい作品になりました。



[PR]
# by fukeinews | 2017-02-09 11:05 | 外部イベント情報