風景写真出版からのおしらせ

fukeinews.exblog.jp
ブログトップ

アイデムフォトギャラリー「シリウス」臨時休館のお知らせ

アイデムフォトギャラリー「シリウス」(東京・新宿)が、3月11日の東北関東大震災の影響により、電力供給や交通インフラに混乱が生じていること、また来場者や出展者の安全確保を考慮して、3月30日(水)まで休館する。3月31日(木)からは、通常開催を予定しているが、今後の状況に応じて休館の可能性もある。詳細は、アイデムフォトギャラリー「シリウス」のホームページをご確認ください。

■臨時休館日程■
3月16日(水)~3月30日(水)

アイデムフォトギャラリー「シリウス」
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2階
TEL:03-3350-1211
# by fukeinews | 2011-03-23 11:08 | その他

須釜 聡さん写真展 @石川県七尾市

3月14日に弊社から写真集「nami oto 波音」を出版された須釜聡さんの写真展が、石川県七尾市の七尾美術館で開催されます。

須釜 聡写真展「nami oto 波音」

期間:2011年3月18日(金)〜21日(月)9時〜17時(入館は16時30分まで、入場無料)
会場:石川県七尾美術館 TEL:0767-53-1500(石川県七尾市小丸山台1-1)

写真誌の投稿コーナーに応募したところ、運よく採用されて写真家の竹内敏信先生から「日本海をテー
マに写真を撮り進めてみては」とアドバイスをいただいたのが、私と日本海の付き合いの始まりとな
りました。初めは、面白い形の岩礁ばかりを撮影していましたが、しばらくすると冬の日本海に魅了
されるようになりました。叩きつけるような強烈な季節風、それに伴い海の果てから湧き出るように
押し寄せる荒波。「日本海は冬以外の季節は写真にならない」などと勝手に思い込んでいました。今考
えると、まったく日本海に申し訳ないことです。その後も海通いを続けているうちに、四季折々の海
岸線の美しさや、能登半島の人々の生活から生まれる風土感も海岸線を彩る風景の一つと気付かされ
ました。そのような経過をたどって、今回、写真集『nami oto 波音』を上梓し、写真展を開
催することとなりました。岩礁の作品や、冬の能登の海、四季の海岸線、最近心がけている風土感の
漂う風景などで、皆さまにも能登の「波音」を感じていただければと思います。(須釜さん)

c0142549_1454636.jpg


c0142549_10255711.jpg能登半島の多彩な海の表情を捉えた作品集!

風景写真BOOKS Artist Selection
須釜 聡作品集
『nami oto 波音』


体裁:縦250ミリ×横260ミリ、ハードカバー、60ページ
定価:3,000円(税込)
発行:風景写真出版(→ご購入・立ち読みはこちらから)
# by fukeinews | 2011-03-15 14:09 | 弊社関連イベント

前田博史さん写真展 @高知県南国市

前田博史さんの写真展が、高知県南国市の歴史民俗資料館で開催されます。

前田博史写真展「心海(しんかい)」

期間:2011年3月19日(土)〜4月1日(金)9:00〜17:00(常設展込み観覧料:大人450円)
会場:高知県立歴史民俗資料館 TEL:088-862-2211
   (高知県南国市岡豊町八幡1099 -1)

ファンの要望に応えて開催する、6年振りの写真展。撮影場所はすべて高知県内だそうです。
前田さんのライフワークである森の撮影と平行し、20年かけて撮影されてきた中からの展示となり、かなり見応えのある写真展になるようです。
歴史民俗資料館は、知る人ぞ知る桜の名所でもあります。
皆さまぜひ、お出かけになってみてください。

c0142549_13565871.jpg
# by fukeinews | 2011-03-15 13:57 | 外部イベント情報

前川彰一さん写真展 @東京・銀座 (※中止となりました)

[3/23お知らせ]
主催者側の都合により、本写真展は中止となりました。
お問い合わせ:J-POWER TEL:03-3546-2211

-----------------

前川彰一さんによる「荘川桜」の写真展が、東京・銀座のJ-POWER本店ロビーで開催されます。

前川彰一写真展
「荘川桜写真展 ~世紀の大移植から50年を迎えた桜の肖像~」


期間:2011年3月28日(月)〜4月8日(金) 9:00〜17:30(土日休館)
会場:J-POWER本店1Fロビー TEL:03-3546-2211(東京都中央区銀座6-15-1)

「荘川桜」は、今から50年前のJ-POWER御母衣(みぼろ)ダム・発電所建設の際、湖底に沈む運命にあった樹齢400余年の巨桜を見た初代総裁・高碕達之助が、ふるさとを失う人々の心のよすがにとの思いから、多くの関係者の協力を得て、ダム湖の畔(ほとり)へ植樹史上例のない大移植を行い、奇跡的に活着をした桜です。
本展では、写真家・前川彰一氏による移植50年を迎えた荘川桜の写真を、「豊潤」「可憐」「荘厳」「優美」の4つテーマにわけてご鑑賞いただけます。あわせて、移植にまつわる物語や荘川桜二世の全国各地での植樹活動などについても紹介しています。展示をご覧いただくことで、移植から半世紀を経て今なお咲きほこる奇跡の桜へ思いを寄せていただければ幸いです。(ニュースリリースより)

c0142549_13373645.jpg
# by fukeinews | 2011-03-15 13:40 | 外部イベント情報

100人展・仙台展(No.50〜100)中止のお知らせ

富士フイルムフォトサロン仙台が、本日以降しばらくクローズとなります。3月17日(木)〜22日(火)に開催予定だった「美しい風景写真100人展」仙台展(No.051〜100)も中止となりました。

被害に遭われた地域の一日も早い復興をお祈りいたします。
# by fukeinews | 2011-03-15 12:38 | 弊社主催イベント